<第2種医薬品>スタートリクロン

製品規格

ブランド名 スタートリクロンPG スタートリクロンPT
有効成分 トリクロロイソシアヌル酸 トリクロロイソシアヌル酸
有効塩素 約90% 約85% 
包装仕様 15kgダンボール箱入り(1kg×15袋) 15kgダンボール箱入り(20g錠剤:1kg×15袋)

特長

  • 殺菌力
  • 遊離残留塩素による強い殺菌力を発揮します。
  • 溶解性
  • 完全に水に溶けますので濾過器や配管の詰まりの心配がありません。
  • 持続力
  • 紫外線等による残留塩素の分解消費量が少なく、消毒効果が持続するので手間がかからず経済的です。
  • 貯蔵安定性
  • 適切保管であれば、長期間保存しても品質の低下はほとんどありません。
  • 特色ある錠剤
  • スタートリクロンPT(錠剤)は投入後速やかに崩壊し、殺菌効果を発揮します。

使用方法

 

  • スタートリクロンPG(顆粒状)は、差圧式塩素供給器のスターサポーターを使用して下さい。(遊泳開始30~60分前に使用して下さい。)
  • スターサポーターを使用する場合は、標準使用量を器内に投入し、水量調整でプール水の残留塩素濃度を調整して下さい。
  • スタートリクロンPT(錠剤)は崩壊性ですが、プール本体に塗装やシートを施している場合は、脱色させる恐れがありますので、この場合はスターダイクロンのご使用をお薦めします。
  • プール水の汚れや遊泳人数、天候等により殺菌消毒効果に差がでますので、定期的に残留塩素濃度を測定し、常に基準値内(0.4~1.0mg/L)になるように補充量の加減をして下さい。
  • 休日又は夜間などのプールを使用しない時でも「プール遊泳終了後の塩素管理のおすすめ」の項により残留塩素量を保持して下さい。(カタログ参照)
  • 本品は水を酸性にする性質があります。プール水のpHが低下した場合はpH調整剤(凡例:ソーダ灰など)で中和して下さい。
  • スタートリクロンPG(顆粒状)、スタートリクロンPT(錠剤)のお取り扱いの際は、保護メガネ、保護マスク、保護手袋のご着用をお願いします。
  • スタートリクロンPG(顆粒状)、スタートリクロンPT(錠剤)を開封後はできるだけ速やかに使いきって下さい。特にスタートリクロンPT(錠剤)は、吸湿などにより崩壊性が失われることがあります。

 

足・腰洗い槽での殺菌消毒

 

プール入水前に足・腰洗い槽で殺菌消毒する場合、水1m3当たりスタートリクロン顆粒状を55~110g(錠剤では3~6錠)の割合で槽に投入して下さい。残留塩素濃度を50~100mg/Lに維持できます。遊泳終了後に放流する場合は、大量の水で希釈するか、又はチオ硫酸ナトリウム(ハイポ)などで中和(残留塩素濃度を0.1mg/L以下)して下さい。

 

 

 

プール水の殺菌消毒

 

 

[プール水の殺菌消毒] 使用量(残留塩素0.4mg/Lで5時間管理)

 

プール水量㎥ スタートリクロンPG(顆粒状)g スタートリクロンPT(錠剤)錠
100 240~360 12~18

250

600~900 30~45

500

1,200~1,800 60~90

1,000

2,400~3,600 120~180

[標準使用量の計算式](凡例)

 

プール水量100m3中の残量塩素濃度を0.1mg/L上昇させる時に必要な量は15gです。

スタートリクロンPGで水量500m3のプールの残留塩素濃度を0.4mg/L(0.4g/m3)上げる場合には…

 

標準使用量の計算式

カタログダウンロード

南海クリヤー・クリヤー製品カタログ

こちらから製品カタログPDFをダウンロードすることが出来ます。

 

*PDFをご覧になるにはAcrobatReaderが必要です。

AcrobatReaderをお持ちでない方は、こちらからダウンロードして下さい。

アクロバットリーダー ダウンロード

 

 

スタートリクロン製品カタログ
スタートリクロン製品カタログ(970KB)
一目でわかるプールの水質管理
一目でわかるプールの水質管理.pdf(795KB)